MENU

貸金業者の定義とは

貸金業者とは、法律によって定められた貸金業法に基づいて、お金を貸している業者のことを指します。一般的な貸金業者として挙げられるのは、消費者金融やクレジットカード会社などであり、銀行は含まれていません。銀行も金銭の融資を行っていますが、法律上の取り扱いが貸金業者とは異なっています。銀行が融資を行う場合には銀行法が適用されるため、貸金業法による規制を受けません。

 

貸金業法では総量規制が適用されるため、利用者が年間に借りることができる金額に上限が存在します。借入残高が年収の3分の1をオーバーすると、総量規制によって新たな借入を行うことができなくなるのです。銀行は貸金業法の影響を受けませんので、総量規制の対象とはならず、独自の審査によって上限を設けることになります。民間のクレジットカード会社は貸金業法の適用対象ですが、銀行が発行しているカードローンはその対象となりません。

 

また、民間のクレジットカードが貸金業法の対象となるのは、キャッシングとして利用するケースに限られています。ショッピング枠を利用してお買い物をした場合については、貸金業法の対象とならず、総量規制の影響を受けることもないでしょう。

 

貸金業には様々な業態があるため混乱してしまいやすいですが、貸金業法が適用されるのかどうかで判断をすると、わかりやすくなります。どこまでが貸金業者なのか判別しにくいと感じたら、貸金業法の適用範囲について確認をすると良いでしょう。

 

貸金業法に基づかず、正式な登録を行わずにお金を貸している業者は、一般的にヤミ金融と呼ばれています。こうした業者は法律に違反した存在であり、違法な貸付や取り立てを行っていますので、関わりを持たないよう気をつけることが大切です。