MENU

多重債務に陥らないように

今はお金がないと、ほかの金融会社などから気軽にお金を借り入れることができるようになっています。

 

金利手数料のそれほど高く設定できなくなっているので、利息が膨れて極端に返済額が増えてしまう可能性もほとんどないのです。
ですから、利用しやすくなっていることは事実です。しかし、使いすぎてしまうとあとで返済できなくなってしまったりするのです。

 

そこで陥ってしまいがちであるのが、「多重債務」です。

 

これは、一箇所だけでなく、複数の金融会社から借り入れを繰り返し、返済ができないほどまでに
雪だるま式に返済額が膨れ上がってしまうことをいいます。

 

多重債務によって、自己破産という結果になってしまうこともあるのです。

 

借り続けることができている間はいいのですが、徐々に返済ができなくなると、
返済のためにほかの会社で借り入れのもう込みをして、さらに借金が増えていくようになってしまうのです。

 

確かにお金を簡単に借りることはできるのですが、借りた後には必ず返済をする必要があるのです。

 

ですから、お金を借りるときには借りすぎてしまわないように計画的にお金を使うことです。
多重債務によって、人生さえ変わってしまうこともあるので、注意しましょう。

 

借金をしてしまった時のことについて

私は都内にある運送関係の会社に勤めている30代後半の独身の会社員なのですが、先日給料日前にお金を全て使ってしまって大変な目に遭いました。私は普段から計画を立てないでお金を使ってしまうところがあるのですが、それでも食費だけは残しておくように気を付けていました。

 

しかしその月は友人と会う機会が多くて飲み食いに使ってしまい気づいた時にはお金が殆どなくなってしまったので、これでは不味いと思い消費者金融からお金を借りることにしました。今ではインターネットからでも申し込みが出来て簡単にカードローンを発行してもらうことが出来たので助かったのですが、それを使ってどんどんお金を借りてしまい気づいた時には返済出来ない程の額を借りていたのです。

 

期限までに借金を返済出来なければ遅延損害金が発生する等して大変なことになると思いどうしようか考えたのですが、全く良い案が浮かばなかったので弁護士に相談をすることにしました。私の担当になってくれた弁護士は丁寧に相談に応じてくれて助かったのですが、その人に債務整理を勧められたのでそうすることにしました。

 

ただその手続くについては全く知らなかったのでその弁護士に全てやってもらったのですが、そのおかげで月々の借金の返済額が減ったので本当に良かったです。

 

家賃滞納で借金返済

都内に住む1Kの家賃は7万円で最初はそれ程負担が少なく支払いも順調でした。その頃は会社員で定期的な給料もあり引き落としも問題無く生活が出来て居ましたが、ボーナスもありましたので稼ぐ分だけ遊興費などに使って居ましたので貯金をすると言う事は考えてはいませんでした。

 

突然の会社の人事異動が始まり月の給与が激減してしまい三分の一ほど減額された辺りから家賃の滞納が始まってしまいました。生活費も困る事が多々あり銀行系のカードローンの借金がみるみる増えて行きました。カードは会社員と言う事で沢山作る事が出来たのですがそれが後の借金返済を招く事になりました。

 

家賃滞納分をカードローンで支払ってもまだまだ借金返済は増えるばかりでしたので、昨今のおまとめローンを利用して金利の安い銀行に乗り換えて返済する事にしました。月々の借金返済は楽にはなった物の完済までは数年かかる計算なので、会社の他にもアルバイトをする事にしました。

 

土日は返上で数時間のバイトで何とか返済の目途は付いた物の数年間の時間が苦痛になります。昇給は望めないので平日も会社が終わった後にアルバイトをしては約借金返済に充て見通しを良くして行こうと考えて居ます。