MENU

借金をしようと思ったら考えること

どのような理由があるのか分かりませんが、「借金をする」という選択をするような状況であれば、それほど余裕がある生活ではなくなってしまっている可能性が高いと思います。場合によっては、十分に自分のお金があるのにもかかわらず借金をしようとする状況もあるかと思いますが、企業でもない限りそういった状況はけっして多いものではないでしょう。つまり、「お金に困っているからこそ借金を検討する」ということです。

 

お金に困っている状況であれば、「借りる」という選択肢はとても有効です。すぐに自分でお金を作ることができない状況にありながらもお金が必要なのであれば、自分自身の信用を担保にお金を生み出すことは問題ではありません。親や友人、時には会社などに自分の信用を売り込み、それを担保にお金を借りることで状況を打開すると言うこと自体は、誰もが行う可能性があるものです。

 

しかし、中には借金をしたことで身を滅ぼしてしまう人がいます。実は私がその一人なのですが、私がそうなってしまった理由は「無計画さ」に起因します。明らかに返済が可能な状況で借りるお金ならばまだしも、確実な返済の当てがない状況で行う借金に関しては、必要以上に慎重になった方が良いと思います。

一度借金をすると癖になることが最大の損失

私は今も数社から総額100万円近い借金を抱えています。もちろん借金があるとまずいという自覚はありますから、完済した経験もあります。完済したあと、二度と借金をしなければ良いと思うのですが、ちょっとお金が足りないときなど、あまり我慢が出来なくなったように思います。借金をしたことが無かったときは、何が何でも金だけは借りるなと節約をしてきましたが、一度他人から借金をすると、また今度も返せば良いやという考えになってしまいます。

 

結果として、借金をしては返し、また借りては返しと言う繰り返しです。それでも年利18%ほどの金利は取られますので、これまでに金融業者に払った金利はかなりのものになります。これでも利息制限法の改正で金利はかなり下がっているくらいですが…。

 

真剣にお金が返せない状況に陥った人も、債務整理などの手段は用意されていますが、お金を借りることに対する自分の中でのハードルが低くなっていることが一番の損失であり、一番危険な事実です。返し終わった人、今まさに返している人、今の借金にカタを付けたらもう二度と借りないという決心をしましょう。結果としてそれが一番儲かる事なのですから。まずは意地でも貯金を作り、それをお金が足りない時の枠と考えましょう。

良い借金の仕方

借金と言うと無条件に悪いものと言うイメージを持っていた私ですが、住宅を購入する際にはローンを組みました。これも借金ですので本当であれば避けるべきものだと考えていたのですが、これだけ大きなものを借金をせずに購入するというのは非常に難しいものであるということが良く分かりました。

 

私が子供の頃から持っていた借金の良くないイメージと言うものは、実際のところ無計画に繰り返し行ってしまう借金の事であったと気づかされました。住宅を購入する場合には銀行などで住宅ローンの契約をすることになりますが、収入に応じて十分に返済が可能な範囲内で契約する仕組みになっています。そのため返済能力が無ければ借りることが出来ませんし、計画的に返していくことが絶対に必要なのです。

 

私は住宅ローンの契約を通じて正しく借金の仕組みを利用するのであれば、生活をより豊かにするものだと実感できました。それと同時に無計画にお金を使う人にとっては非常に危険が仕組みであるということも理解できました。良い借金の使い方としては、計画的に返済をしていく前提で目的のために必要となるお金の内、不足分を補うという目的で利用する場合であると考えるようになりました。

お勧めサイト

  • 借金返せない

    多重債務になって借金が返せない人向けに、債務整理の特徴や体験談などをご紹介。

  •  

  • 借金の体験談

    効率的に借金を返済する方法や手順、実際に弁護士に依頼して債務整理をした体験談など。